ワイルびょう【ワイル病】

ネズミに寄生(きせいするスピロヘータの一種(いっしゅが病原体で,その感染(かんせんによっておこる感染症(かんせんしょう。1886年ドイツのA.ワイルが報告(ほうこく。病原体はネズミから尿(にょうとして水に入り,皮膚(ひふや口から感染(かんせんする。高熱(こうねつや目の充血(じゅうけつに始まり,じん(ぞう肝臓(かんぞうがおかされて黄だんや全身の出血がみられる。

PAGETOP