わおうぶのじょうひょうぶん【倭王武の上表文】

478年,(の五王のうちの(雄略天皇(ゆうりゃくてんのうとされる)が中国の(そう(南朝)の順帝(じゅんていに送った上表文。「封国(ほうこく偏遠(へんえんにして…(はんを外に(す。……」に始まる漢文体で国内・国外の征服(せいふく事実を(しめし,高句麗(コグリョ横暴(おうぼうをうったえている。このとき,((そうから(新羅(シルラ任那(みまななど6国の軍事権(ぐんじけん支配権(しはいけんをあたえられている。◇この上表文は『宋書(そうじょ倭国伝(わこくでんに記されている。

資料【倭王武(わおうぶの上表文】

わたしの国は,はるか遠いところにあって,(そうからいえば海外の国になっています。わたしの父祖(ふそたちは,みずからよろい・かぶとに身を(かため,山や川をわたり歩いて,おちついて休息するひまもありませんでした。そのおかげで,東では蝦夷(えみしの55か国を平らげ,西では熊襲(くまその66か国をおさえ,さらに海をわたって朝鮮(ちょうせん半島の95か国をしたがえました。(以下略(いかりゃく

PAGETOP