わかきウェルテルのなやみ【若きウェルテルの悩み】

ドイツの詩人ゲーテの長編小説(ちょうへんしょうせつ。1774年(かん婚約(こんやく者のいる年上の女性(じょせいロッテに(こいをし,苦悩(くのうのはてに自殺(じさつする純情(じゅんじょう多感な青年ウェルテルの悲恋(ひれん物語。わかい日のゲーテの体験(たいけんをもとに,手紙の形式で書かれたこの作品は,当時の若者(わかものに大きな影響(えいきょうをあたえた。

PAGETOP