ワーク・ライフ・バランス

仕事(しごと生活(せいかつをバランスよく調和(ちょうわさせた((かた,あるいはそれを実現(じつげんさせるための((み。健康的(けんこうてき充実(じゅうじつした生活(せいかつ(もとめる(かんがえのもと,1980年代(ねんだい欧米(おうべい提唱(ていしょうされた。欧米(おうべい(くらべて労働時間(ろうどうじかん(ながい日本でも,長時間労働(ちょうじかんろうどう過労死(かろうし少子化(しょうしかへの対策(たいさくとして重要視(じゅうようしされるようになった。2007(平成(へいせい19)年には,内閣府(ないかくふがワーク・ライフ・バランスの社会(しゃかい実現(じつげんするための憲章(けんしょう行動指針(こうどうししん発表(はっぴょうし,残業時間(ざんぎょうじかん削減(さくげん有給休暇(ゆうきゅうきゅうか取得率(しゅとくりつ男性(だんせい育児休暇(いくじきゅうか取得率(しゅとくりつ向上(こうじょうなどを目標(もくひょうとして(かかげた。ワーク・ライフ・バランスの実現(じつげんは,企業(きぎょうにとっては従業員(じゅうぎょういん健康(けんこう(まもり,仕事(しごと意欲(いよく(たかめるなどの効果(こうか期待(きたいされる。また,個人(こじんにとっては子育(こそだてや介護(かいごをしやすくなるほか,趣味(しゅみ地域活動(ちいきかつどう充実(じゅうじつなどやりがいや(きがいのある生活(せいかつ(おくることができるようになると期待(きたいされている。

PAGETOP