メニュー閉じる

をかし

平安時代の文学にみられる美的理念(びてきりねんの1つ。清少納言(せいしょうなごんの『枕草子(まくらのそうし』に代表される,知性的(ちせいてきで明るい感動を内容(ないようとする。

コーチ

「をかし」は「あ(れ」とともにおもむきのあることを表す感動の語。現代(げんだいの「おかしい」の意味ではないので注意しよう。→もののあ(

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP