ンゴロンゴロどうぶつほごく【ンゴロンゴロ動物保護区】

1979年世界遺産(いさん自然遺産(しぜんいさん)に登録(とうろくされた,タンザニア中北部にある野生動物の保護(ほご区。1956年に設置(せっち。マニャラ湖の北西にあるンゴロンゴロ=カルデラの中に動物を追い込み,動物保護(ほご区とした。ゾウ・ライオン・キリン・シマウマ・ガゼルなどの動物が野生のまま生息している。周囲の火口(へきは高さ700メートル,直径(ちょっけい16km,火口面積(めんせきは260km2。同国で最初(さいしょに世界遺産(いさん登録(とうろくされた。

コーチ

動物観察のための宿泊施設(しゅくはくしせつ整備(せいびされ,世界からの観光(かんこう客を集めている。

PAGETOP