ンジャメナ

チャド共和国の首都。共和国南西(たんカメルーンとの国境(こっきょうに近い,シャリ川とロゴネ川の合流点にある都市。1900年にフランスの植民都市として建設(けんせつ,第二次世界大戦(たいせん中,自由フランス軍の空軍基地(くうぐんきちとして発展(はってんした。現在では同国最大(さいだいの都市で,チャド人口の(やく10.2%が集まっている。また,隊商(たいしょう路の要衝(ようしょうであることから,家畜(かちく岩塩(がんえん・ナツメヤシなどの集散(しゅうさん地でもある。家畜(かちく市場・チャド大学・国立博物(はくぶつ館・綿花(めんか研究所・国際空港などがある。おもな産業はタイル・レンガなどの窯業(ようぎょう旧名(きゅうめいフォールラミー。人口:53.1万。

PAGETOP