質問と答

宇宙うちゅうはいつどうやってできたの


太陽たいようのまわりには、地球ちきゅうもふくめて8惑星わくせいと、たくさんのすいせい小惑星しょうわくせいたちがあり、太陽たいよう中心ちゅうしんまわっています。これを太陽系たいようけいといいます。そして、太陽たいようのように自分自身じぶんじしんでかがやいているほしやく2000おくほどあつまっているのが銀河系ぎんがけいです。宇宙うちゅうには、この銀河系ぎんがけいおなじようなほしあつまりが数千すうせんおく、あるいはそれ以上いじょうあるとかんがえられています。

いまからおよそ90ねんまえに、アメリカのハッブルという博士はかせが、銀河系ぎんがけいのようなほしのグループどうしの距離きょりが、だんだんおおきくなり、おたがいがはなれていっていて、しかも地球ちきゅうからとおほしたちほど、はなれるスピードがはやいということを発見はっけんしました。つまり、これは、宇宙うちゅう風船ふうせんのようにだんだんとふくらんでいるということを意味いみしています。
その宇宙うちゅうはふくらんでいるということからぎゃくかんがえて、宇宙うちゅうのはじまりはいつなのかをもとめる研究けんきゅうすすみました。すると、いまから138おくねんまえ宇宙うちゅうはある一点いってんあつまっていたことがわかったのです。あるとき、なにかの原因げんいんおおきな爆発ばくはつこり、この爆発ばくはつをきっかけに宇宙うちゅうはものすごいスピードでふくらみはじめたのです。
このだい爆発ばくはつのことをビッグバンといいます。まれてもない宇宙うちゅうは、非常ひじょうたか温度おんどつよ圧力あつりょく世界せかいであったようです。もちろんいまのようにほしなどありませんでした。それが、なが年月ねんげつをかけて、ようやくいまのような宇宙うちゅうになったのです。

2018年1月更新

<PR>