質問と答

太陽たいようひる黄色きいろいのに夕方ゆうがたあかくなるのはどうして,どうして夕焼ゆうやけ(夕日ゆうひ)はあかいの

太陽たいよういろをよく調しらべてみると、しろちかいクリームいろをしています。しかし、太陽たいようひかりはこの1いろだけではなく、じつは、たくさんのいろひかりがまじりあってできているのです。これらのいろがまじりあって、しろちかいクリームいろえているというわけです。
ところが、夕方ゆうがたになって、太陽たいよう西にしそらちてくると、しだいにあかえてきます。それは、夕方ゆうがた太陽たいようひかりが、地球ちきゅう空気くうきそう(そう)を、ななめにとおるからなのです。では、なぜ、ひかりがななめにとおるとあかえるのでしょうか。
たとえば、道路どうろをわたるとき直角ちょっかくならみじか距離きょり(きょり)でも、ななめにわたると、距離きょりながくなります。これとおなじように、夕方ゆうがた太陽たいよう光線こうせんは、地球ちきゅう空気くうきそうをななめに横切よこぎるために、それだけなが空気くうきちゅうとおりぬけてくることになります。
空気くうきちゅうには、えないチリや水蒸気すいじょうき(すいじょうき)のつぶ(つぶ)がたくさんふくまれていますが、あおひかりはこれらのつぶたるとちらばってしまうために、空気くうきそうとおりぬけにくくなります。これにくらべて、あかひかりは、あおひかりよりとおりぬけやすいのです。そのため、空気くうきそうなかとおりぬけてくるうちに、あおひかりすくなくなり、あかひかりのほうがおおくなります。そのため夕方ゆうがた太陽たいようひかりあかえるというわけです。

<PR>