<PR>

質問と答

どうして2がつは28にちまでしかないの

なぜ2がつだけみじかいのかは、こよみ(こよみ)がどのようにできたのかとふか関係かんけいがあります。いま使つかわれているこよみというのは、2000ねん以上いじょうまえに、ローマでつくられたこよみが、やく400ねんまえ改良かいりょう(かいりょう)されてできたものです。ですから、いまのわたしたちにはあまりなじみのない、当時とうじ外国がいこく習慣しゅうかん(しゅうかん)がいくらかのこっているのです。
こんは1がつが1ねんはじまりですが、大昔おおむかしのローマでは3がつが1ねんはじまりとされていました。おそらく、作物さくもつがでるはるが、1ねんはじまりにふさわしいとかんがえたためだとおもわれます。3がつはじまると、2がつは1ねん最後さいごつきになります。
つぎに、その2がつが28にちであった理由りゆうですが、現在げんざいこよみは、30にちげつと、31にちげつがだいたい交互こうご(こうご)にならんでいますが、大昔おおむかしのローマのひとたちは29と31を縁起えんぎ(えんぎ)のいい数字すうじしんじていました。それで、1かげつを29にちか31にちとしてこよみつくったところ、最後さいごの2がつが28とはんぱになってしまったのです。しかしかれらは、それをにすることなく、こよみ使つかはじめたというわけです。
その何度なんどこよみつくりかえられていくうちに、いまのように1かげつは30にちか31にちにかわったのですが、どうしても1ねんなかみじかつきを1つれないと、365 になりません。そのため、いまでも一番いちばんみじかつきは2がつということになっているのです。