質問と答

カメレオンのしたはどうしてのびるの

カメレオンのしたなかには、根元ねもとから1ぽんほねがのびています。そのほねのまわりには筋肉きんにく(きんにく)がついていて、この筋肉きんにくは、いつもはバネがちぢむようにふとくなり、ぎゅっとちぢんだ状態じょうたい(じょうたい)になっています。
カメレオンが獲物えもの(えもの)をつかまえるときには、その舌の根したのねもとにあるほねが、まえにおしだされ、ちぢんでいた筋肉きんにくがのびて細長ほそながくなります。そして、したさきから粘液ねんえき(ねんえき)で獲物えもの(えもの)をくっつけてとらえます。そのあとすぐ、したひきっこめるのですが、この一連いちれん動作どうさにかかる時間じかんは、わずかに20ふんの1びょう。「にもとまらぬ」はやさなのです。

2018年8月更新

<PR>

質問を送ろう!
「科学なぜなぜ110番」では、科学についての質問(しつもん)をぼしゅうしています。科学に関係することで、知りたいことやわからないことがあるときは、質問を送ってください。
数の多い質問から、このページでお答えしていく予定です。

質問を送るには、学研キッズネット会員になる必要があります。会員になったら『キッズネット調べ隊』の『科学質問箱』から送ってね。
きみの質問が取り上げられるか、楽しみに待っていてね!

学研キッズネット会員(無料)になる キッズネット調べ隊