<PR>

質問と答

キリンのくびはどうしてながいの

いまから何千なんせんまんねんまえきていたキリンの先祖せんぞ(せんぞ)は、現在げんざいのキリンよりもからだちいさく、くびながくなかったようです。そのころは、もりなかにすみ、木の葉このはべてくらしていました。ところが、やがてキリンの先祖せんぞもりて、草原そうげんでくらすようになりました。これはほかの動物どうぶつ、たとえばゾウやスイギュウでもおなじですが、草原そうげんでくらすようになると、動物どうぶつはあしがながくなり、からだおおきくなるのです。
草原そうげん広々ひろびろとして見晴みはらしはいいのですが、ぎゃくにそれがてきつかりやすい欠点けってんになります。動物どうぶつがそこできていくためには、はやはしることができたり、からだおおきくなければなりません。それで、キリンの先祖せんぞながいあしをもつ、からだおおきな動物どうぶつ進化しんかしていったのです。
草原そうげんでくらすようになったあとにも、くびながいキリンと、あまりながくないキリンがいたようです。くびながくないキリンは、みずむときにぜんあしをってからだおおきくかがめなくてはいけません。キリンはとてもからだおおきい動物どうぶつです。そのようなおおきい動物どうぶつが、みずむたびにかがんでいては、猛獣もうじゅう(もうじゅう)におそわれたときにすぐにげすことができません。また、きゅう立ち上たちあがろうとして、あしのほね危険きけんもあります。
このようにくびみじかいキリンはきていくのにあまりつごうのよいからだではありませんでした。そこでいつのまにかくびみじかいキリンは絶滅ぜつめつ(ぜつめつ)してしまい、くびながいキリンだけがきのこり子孫しそん(しそん)をふやしていったのです。つまり、くびながくなければ、きていくことができなかったのです。
そのほかにも、くびながいことの長所ちょうしょはいくつかあります。くびながければ、ほかの動物どうぶつがとどかないようなたかいところにある木の葉このはべることができますし、また、たかいのでとおくのてきをいちはやつけることもできて安全あんぜんなのです。