質問と答

ヘビはどうしてあしがないの,どうしてあしがないのにあるけるの

ヘビにはなぜあしがないのか。じつはこの問題もんだいは、科学者かがくしゃあいだでもいくつかのせつかれ、まだはっきりした結論けつろんていないむずかしい問題もんだいなのです。ここではそのなか一番いちばん賛成さんせい(さんせい)するひとおおせつ紹介しょうかい(しょうかい)します。
それは、「ヘビは、むかし地中ちちゅうにすんでいたトカゲの仲間なかまから進化しんかした」というかんがえです。現在げんざいも、地中ちちゅうでくらしているヘビがいますが、あのドリルのようなあたまかたちあたまのかたさから、地中ちちゅうであなをほるのにあたま使つかったとかんがえられています。
ヘビが、むかし地中ちちゅう生活せいかつしていたとかんがえると、みみそとにつきていないことも、また体型たいけいも、地中ちちゅううごきやすいように、ほそくてながくなったことも理解りかいできます。そして、あしもなくなっていったのです。なぜなら、あなのなかでは、そのかたうごきのじゃまにならなくて便利べんりだからです。あしのなくなったヘビは、その地上ちじょうて、そこであしのないままで生活せいかつするようになったというわけです。
では、あしがなくて、ヘビはどうやってあるくことができるのかということですが、ヘビは肋骨ろっこつ(ろっこつ)があしのかわりをしているのです。ヘビは、この肋骨ろっこつうごかして、からだまえすすめています。肋骨ろっこつうごかすと、おなかのかわがちょうどキャタピラのような役目やくめをはたし、どんなところにでも移動いどうできるしくみになっているのです。

質問を送ろう!
「科学なぜなぜ110番」では、科学についての質問(しつもん)をぼしゅうしています。科学に関係することで、知りたいことやわからないことがあるときは、質問を送ってください。
数の多い質問から、このページでお答えしていく予定です。

質問を送るには、学研キッズネット会員になる必要があります。会員になったら『キッズネット調べ隊』の『科学質問箱』から送ってね。
きみの質問が取り上げられるか、楽しみに待っていてね!

学研キッズネット会員(無料)になる キッズネット調べ隊