<PR>

質問と答

ラクダのこぶにはなにはいっているの

ラクダのこぶのなかには脂肪しぼう(しぼう)がはいっています。脂肪しぼうとは動物どうぶつからだなかにふくまれているあぶらのことです。ラクダは、からだ必要ひつよう栄養えいよう(えいよう)を脂肪しぼうにかえて、あのこぶのなかにためこんでいるのです。これは、砂漠さばく(さばく)のような自然しぜん条件じょうけんのきびしいところで、長い間ながいあいだ食べ物たべものべなくてもきていくための、すぐれたしくみなのです。
このようにこぶとしてからだの1かしょ脂肪しぼうあつめておくと、からだ全体ぜんたい脂肪しぼうがあるよりも、からだねつをにがすのに便利べんりなのです。あつ砂漠さばくにすむラクダにはとてもつごうがいいしくみです。また、脂肪しぼう背中せなか(せなか)にあるのは、うえからてりつけるあつ太陽たいようをさえぎるのにちょうどつごうがいいのです。
ラクダは、長い間ながいあいだなにべないでいると、こぶの脂肪しぼうすこしずつ使つかわれて、こぶもだんだんちいさくなっていくそうです。