<PR>

質問と答

テレビはいつだれが発明はつめいしたの

いまのようなテレビができるまでには、いろいろなくにひとがきそいい、改良かいりょうつづけてきました。ですからかんたんに、だれが発明はつめいしたとはめることができないのです。
ただ、テレビらしきものをはじめてつくったのは、イギリスのベアードというひとで、1925ねんのことといわれています。これには、そのころすでに発明はつめいされていた光電管こうでんかん(こうでんかん)というものがやくったようです。
光電管こうでんかんというのは、ひかりあかるさくらさを、電気でんきながれの強弱きょうじゃくえることのできる機械きかいのことです。ベアードはこれを使つかってテレビができないかとかんがえたのです。ベアードのテレビカメラは、たくさんのあながあいたまる円盤えんばん(えんばん)を回転かいてんさせ、はいってくるひかりうしろにいた光電管こうでんかん電流でんりゅうえて、はなれたテレビにおくるというしくみになっています。
テレビのかたはその電流でんりゅうでライトをともし、カメラとおなじようにつくった回転かいてんする円盤えんばんのうらかららすと、ひょういたスクリーンに画像がぞう(がぞう)がうつるというものだったのです。
かたちこそ、おおきなレコードプレーヤーのようなかたちで、いまのテレビとはまったくにていなかったようですが、ひかりてんはしらせて画像がぞうつくるというアイデアは、いまのテレビにもかされています。
その日本にほん高柳たかやなぎ健次郎けんじろう(たかやなぎけんじろう)が現在げんざいのようなブラウンかん方式ほうしきのテレビの実験じっけん成功せいこうしました。しかし、まだカメラのかたがおくれていたために実用じつようにはなりませんでした。
いまのようにきれいにうつるテレビができたのは、1933ねんにアメリカのツウォルキンが、アイコノスコープというテレビカメラの重要じゅうよう部品ぶひん発明はつめいしてからのことなのです。