質問と答

カタツムリとナメクジはどうちがうの,からをとったらナメクジになるの

カタツムリとナメクジは、本当ほんとうによくにています。カタツムリから、からをとったら、ナメクジになるとかんがえるのも当然とうぜんです。しかし、カタツムリとナメクジは、やはりべつ生き物いきものなのです。
カタツムリのからは、からだからしみだした石灰せっかいぶん(せっかいぶん)でつくられています。からだにくっついていますから、無理むりからだからきはがそうとすると、カタツムリは、んでしまいます。これは、アサリやハマグリのからを無理むりにこじけて、にく引き出ひきだすとんでしまうのとおなじことなのです。
カタツムリは、ヤドカリのようにからを背負せおい(せお)っているわけではありません。カタツムリのからには、かよっていて、これもきているのです。その証拠しょうこ(しょうこ)に、からにきずがついたり、ちいさなあながあいたりしても、2~3にちで、なおってしまいます。
ナメクジは、いくらえさをやってそだてても、ナメクジのままで、カタツムリのようなからができることはありません。ここが、カタツムリとナメクジの最大さいだいのちがいなのです。
おうちのかた
ナメクジの一種いっしゅにコウラナメクジといって、背中せなかうすくて透明とうめいなからをもったものもいます。

質問を送ろう!
「科学なぜなぜ110番」では、科学についての質問(しつもん)をぼしゅうしています。科学に関係することで、知りたいことやわからないことがあるときは、質問を送ってください。
数の多い質問から、このページでお答えしていく予定です。

質問を送るには、学研キッズネット会員になる必要があります。会員になったら『キッズネット調べ隊』の『科学質問箱』から送ってね。
きみの質問が取り上げられるか、楽しみに待っていてね!

学研キッズネット会員(無料)になる キッズネット調べ隊