質問と答

カラスはどうしてくろいの

動物どうぶつからだいろは、種類しゅるいによってちがっています。たとえばカラスはくろいろをしていますが、リスなどは茶色ちゃいろ、ホッキョクグマはまっしろ、キリンやトラはからだ模様もよう(もよう)をもっています。また、小鳥ことりにはあかあお黄色きいろみどりなどとてもあざやかないろをしているものもいます。
しかし、このようないろというのは、その動物どうぶつきにえらんだわけでも、神様かみさまめたものでもありません。それでは、たまたまそのようないろをしているのかというと、これもそうではありません。からだいろは、その動物どうぶつがすんでいる場所ばしょや、くらしかたで、だいたいまってくるものなのです。
つまり、動物どうぶつは、なるべく目立めだたないかたきていくうえではつごうがいいのです。すんでいる場所ばしょ風景ふうけいなかにとけこんで、目立めだたなければ、てきにおそわれることもすくなくなります。また、獲物えもの(えもの)をとるときでも、目立めだたなければおそいかかる直前ちょくぜんまで相手あいてづかれることもありません。
このようにして、その環境かんきょう(かんきょう)のなかできていくのにつごうのよいいろ模様もよう(もよう)をしたものが、なが年月ねんげつあいだきのこってきたというわけなのです。日本にほんのカラスはまっくろですが、ヨーロッパにはくびからむね(むね)、はら(はら)がしろ っぽいコクマルガラスというカラスがいますし、ヒマラヤには、体は黒いがくちばしが 黄色きいろくてあしがあかいキバシガラスというカラスもいるのです。
日本にほんのカラスがくろいのは、おそらくそのいろ日本にほんもりなかでは目立めだたずにつごうがよかったからとかんがえられます。

2018年8月更新

<PR>