<PR>

質問と答

どうしてキュウカンチョウやインコ,オウムはしゃべれるの

スズメは「チュンチュン」、トンビは「ピーヒョロロ・・・・」というように、とり種類しゅるいによってだいたいかたまっています。このかたは、ひなからそだっていくときに、親鳥おやどり仲間なかま鳴き声なきごえをまねて、練習れんしゅうしながらだんだんじょうずになっていくものなのです。
ところが人間にんげんにかわれているとりは、おや仲間なかまがそばにいないことがおおいために、ただしいかたをまねて練習れんしゅうするチャンスがないのです。そこで、とりあえずちかくにいる人間にんげん言葉ことば練習れんしゅうしてしまう、というわけなのです。
キュウカンチョウやインコばかりでなく、じつは、どんなとりでも、人間にんげんにかわれているとり人間にんげんこえをまねしようとしています。しかし、ほとんどのとりした(した)がちいさいのと、のどのしくみが人間にんげんとはまったくちがうために、人間にんげんのような言葉ことばにはならないのです。 ところがキュウカンチョウやインコやオウムは、したやのどのしくみがすこ人間にんげんとにているのです。そのおかげで、人間にんげん言葉ことばににたこえせるというわけです。
おうちのかた
このとりたちがはなせるからといって人間にんげん言葉ことばをわかっているかというと、そうではありません。これらのとりたちは、なん意味いみもわからないまま、ただこえだけをまねているのです。