<PR>

質問と答

ニワトリはどうしてとべないの

ニワトリは、わたしたちの食べ物たべものとして、とても大切たいせつとりです。このニワトリは日本全国にほんぜんこくなんと3おく以上いじょうもいるといわれています。これが世界せかい全体ぜんたいとなると、どのくらいのかずになるのか、想像そうぞうもつきません。
ところが、ニワトリというとりは、人間にんげんにかわれているだけで、野生やせいの「ニワトリ」は1もいないのです。もっとも、現在げんざいはかわれているだけのニワトリにも、先祖せんぞ(せんぞ)となるとりはいました。ニワトリの先祖せんぞは、東南とうなんアジアのもりにすんでいる「セキショクヤケイ」とかんがえられています。大昔おおむかしひとが、このセキショクヤケイをべたところ、にくたまごがとてもおいしかったために、つかまえてかいはじめました。そのなかでも、よくたまごをうみ、にくがおいしくて、しかもおとなしくてかいやすいものを、どんどんえらんでいったのです。
その、セキショクヤケイは、だんだんとふとり、また、人間にんげんにかわれているあいだは、ネコなどのてきにおそわれることもすくないため、とぶ必要ひつようもなくなったのです。そして、いまのニワトリのようなとべないとりになってしまったというわけです。
とはいっても、ニワトリの先祖せんぞのセキショクヤケイも、もともととぶのがあまり得意とくいとりではなかったようです。昼間ひるま地上ちじょうあるきながら食べ物たべものをさがし、よるになり、えだうえでねるためにぶくらいなものだったのです。つまり、もともととぶのが苦手にがてなうえに、人間にんげんにかわれてふとってしまったため、ますますぶのが苦手にがてになってしまったというわけなのです。
おうちのかた
ニワトリにもまだちからすこのこっています。ふとりすぎていなければ、屋根やねうえくらいまでならぶこともできるのです。