<PR>

質問と答

ダイヤモンドはなんでできているの

ダイヤモンドは炭素たんそ(たんそ)からできています。炭素たんそからできているものには、黒鉛こくえん(こくえん)がありますが、これは、鉛筆えんぴつのしんの材料ざいりょうおなじもので、真っ黒まっくろすみ(すみ)のようなものです。
すみのような黒鉛こくえんとキラキラひかるダイヤモンドが、おな炭素たんそでできているというのは、なかなかしんじられませんが、これほどちがうのは、炭素たんそむすびつきかたがまったくちがうからなのです。
ダイヤモンドは、地下ちか100kmという、とてもふかいところでできます。このようなふかいところは、高温こうおん高圧こうあつで、まわりからかなりつよちからでおさえつけられているのです。そのために、炭素たんそのつぶはつよむすびつけられ、ダイヤモンドになるというわけです。
地下ちか100kmでしかできないダイヤモンドが、地球ちきゅう表面ひょうめんつかることはとてもめずらしいことです。そのためにダイヤモンドはすこししかつけることはできません。ダイヤモンドはとてもうつくしいのに、ほんのすこししか地球上ちきゅうじょうにありません。それでだれもがほしがり、当然とうぜんのことながら値段ねだんたかくなってしまうのです。