<PR>

質問と答

アジサイのはないろはどうしてわるの

アジサイのはなは、何度なんどはないろわることで有名ゆうめいです。しかし、どのアジサイでもおなじように何度なんどいろわるというわけではありません。ひみつは、アジサイの種類しゅるいと、、えてあるところのつちにあるようです。
では、まずいろわる説明せつめいをするまえに、アジサイのピンクしょくはなしをしておきましょう。もともとのアジサイのはないろは、アントシアンといういろのもとによってでるピンクしょくなのですが、このアントシアンといういろのもとに、なにかがまじるといろわってくるのです。
そのなんかというのが、まだ完全かんぜんにはわかっていないのですが、おそらく、アジサイがみずといっしょにつちなかからすいげるなにかであろうといわれています。
そのために、アジサイは、えた場所ばしょによっていろがちがうということがおこるのです。これは、えた場所ばしょつちなかじっている「なにか」が、場所ばしょによってちがうからなのです。
この「なんか」のなかで、ひとつわかっているものは、アルミニウムという金属きんぞくです。つちなかにアルミニウムがあって、これをアジサイがすいげると、アジサイのはなは、あおくなるといわれています。
このようにアジサイのはなは、えられたつちによってはないろ変化へんかするために、きれいなアジサイだとおもってえても、場所ばしょがちがうとあまりきれいにならないこともあります。その反対はんたいえてみたらきれいになったということもあるのです。