質問と答

パイナップルにたねはあるの,あるならどこにあるの

パイナップルという果物くだもの名前なまえは、パインとアップルという言葉ことば合体がったいしてできたものです。パインがまつで、アップルがリンゴのことです。パイナップルのかたちまつぼっくりによくにています。また、あじはリンゴににています。それで、パインとアップルで、パイナップルとなったわけです。
ところで、パイナップルのたねですが、まず、パイナップルのまつかさのようなを、たてにったところを想像そうぞうしてください。なかに、くき(くき)のようなじく(じく)があります。じくのまわりのふつうべているところがです。じつはこのは、ひとつのはなからできるひとつのではないのです。
パイナップルのは、ちいさな六角形ろっかくけいが、ぎっしりつまってできています。それぞれの六角形ろっかくけいりはなすことができないくらいぎっしりとつまっているのです。はなは、その六角形ろっかくけいひとつひとつにさきます。つまり、パイナップルのは、むかしは、まつぼっくりのようにばらばらだった六角形ろっかくけいがくっついてしまってできたものなのです。もちろんたねも、六角形ろっかくけいのそれぞれについていたはずです。
しかし、パイナップルは、人間にんげんあじをよくするために、あれこれくわえられて、そのために、はっきりしたかたちたねえなくなってしまったのです。つまり、たねは、あるはずなのですが、どれがたねなのか見分みわけがつかないのがいまのパイナップルというわけです。

<PR>