<PR>

質問と答

ヒマワリのはなはどうして太陽たいようかたいてさくの

ヒマワリは太陽たいようはなで、ヒマワリは太陽たいようかたいてさいていると、よくいわれます。しかし、それは本当ほんとうなのでしょうか。
ヒマワリのはながたくさんさいているところで、はながどちらの方向ほうこういてさいているのかを調しらべてみると、きたいているはなはありませんが、ひがしみなみ西にしなどばらばらな方向ほうこういてさいています。1ぽんぽんをもっとよく調しらべてみると、どちらかといえば、太陽たいようっているみなみかたいたはな一番いちばんおおいようです。ですから、ヒマワリは、かなら太陽たいようかたいてさくのではなく、どちらかといえばそのかたおおいという程度ていど(ていど)です。また、太陽たいようかたくことがおおいのは、ヒマワリのはなだけではありません。ダリアも、ヒャクニチソウも、ほとんどのはなは、みんな太陽たいようひかりたる方向ほうこういていることがおおいのです。
ただ、つぼみができはじめたころのヒマワリは、くき(くき)のさき部分ぶぶんが、太陽たいよういかけて、あさひがし夕方ゆうがた西にしと、とてもよくうごきます。これは、ヒマワリのわかくきが、よくそだっているからです。太陽たいようひかりたる反対はんたいがわくきが、ひかりたるかたくきよりも、よくのびるために、太陽たいようかってがってしまうのです。
ほかの植物しょくぶつでも、太陽たいよういかけてわかくきうごくものはたくさんあります。しかし、ヒマワリのはなは、ほかのはなにくらべておおきいために目立めだってしまい、特別とくべつにヒマワリだけが太陽たいよういかけるようにおもえるのでしょう。