質問と答

どうしてゆき結晶けっしょうは6角形かっけいになるの

こおり分子ぶんしとよばれるちいさなつぶは六角形ろっかくけいをしています。したがって、空気くうきちゅうみずがこおると、一番いちばん最初さいしょ六角形ろっかくけいになるのです。
まず、ゆきのつぶがそらうえでできます。もちろん、六角形ろっかくけいをしたこおりのつぶです。この六角形ろっかくけいかくのところに、空気くうきちゅう水蒸気すいじょうき(すいじょうき)がくっつきます。どんどんくっついて、こおりついて、そうしてだんだんおおきくなっていくのです。
なぜくっつくのがかくのところなのかというと、水蒸気すいじょうきは、かくやへりのところにくっつきやすい性質せいしつがあるからのようです。そのために、ゆきのつぶは、ひらたく、よこひろがっていくわけなのです。そして、わたしたちのいる地上ちじょうゆきがふってくるころには、あの六角形ろっかくけいゆき結晶けっしょう(けっしょう)になるのです。

<PR>

質問を送ろう!
「科学なぜなぜ110番」では、科学についての質問(しつもん)をぼしゅうしています。科学に関係することで、知りたいことやわからないことがあるときは、質問を送ってください。
数の多い質問から、このページでお答えしていく予定です。

質問を送るには、学研キッズネット会員になる必要があります。会員になったら『キッズネット調べ隊』の『科学質問箱』から送ってね。
きみの質問が取り上げられるか、楽しみに待っていてね!

学研キッズネット会員(無料)になる キッズネット調べ隊