質問と答

どうしてゆき結晶けっしょうは6角形かっけいになるの

こおり分子ぶんしとよばれるちいさなつぶは六角形ろっかくけいをしています。したがって、空気くうきちゅうみずがこおると、一番いちばん最初さいしょ六角形ろっかくけいになるのです。
まず、ゆきのつぶがそらうえでできます。もちろん、六角形ろっかくけいをしたこおりのつぶです。この六角形ろっかくけいかくのところに、空気くうきちゅう水蒸気すいじょうき(すいじょうき)がくっつきます。どんどんくっついて、こおりついて、そうしてだんだんおおきくなっていくのです。
なぜくっつくのがかくのところなのかというと、水蒸気すいじょうきは、かくやへりのところにくっつきやすい性質せいしつがあるからのようです。そのために、ゆきのつぶは、ひらたく、よこひろがっていくわけなのです。そして、わたしたちのいる地上ちじょうゆきがふってくるころには、あの六角形ろっかくけいゆき結晶けっしょう(けっしょう)になるのです。

<PR>