質問と答

てつ金属きんぞく)はどうしてさびるの

てつのくぎを、あめたるところや、じめじめしたところなどにしばらくいておくと、あかくさびてしまいます。
このさびはてつだけではなく、そのほかの金属きんぞくでもおきることです。たとえば、緑色みどりいろ変色へんしょくした十円玉じゅうえんだまです。これは、どうでできている十円玉じゅうえんだまが、緑色みどりいろにさびてしまったということなのです。
てつどうなどの金物かなもの(かなもの)のことを金属きんぞくといっていますが、金属きんぞくがさびるときは、すべて酸素さんそ(さんそ)が関係かんけいしています。酸素さんそは、わたしたち人間にんげん呼吸こきゅう(こきゅう)をしながらすいこんでいるもので、空気くうきなかにたくさんふくまれています。この酸素さんそが、たとえばてつとゆっくりとむすびつくと、てつ表面ひょうめんに、もとのてつとはちがった性質せいしつのものができてきます。
てつ酸素さんそむすびついてできたものは酸化さんかてつ(さんかてつ)とよばれていますが、これがたくさんあつまってえるようになったものが、さびなのです。
このように、金属きんぞくのさびの原因げんいん(げんいん)になっているのは、酸素さんそです。したがって、酸素さんそのないところ、たとえば宇宙うちゅうなどにてつをもっていけば、てつがさびることはないということになります。

<PR>