<PR>

質問と答

はどうしてあついの

ろうそくのほのおにすこしでもちかづけるだけで、非常ひじょうあつかんじます。それもそのはずで、えているろうそくのしん(しん)付近ふきん温度おんどやく800、さらに、ほのおのうえ部分ぶぶんでは、1200にもなっているのです。
それでは、ろうそくのほのおのところではどんなことがきているのでしょう。ろうそくのほのおは、ろうと空気くうきちゅう酸素さんそ(さんそ)がはげしく反応はんのうしているところです。そこでは、ろうをつくっている原子げんしとよばれる非常ひじょうちいさなつぶと、酸素さんそつくっている原子げんしのつぶとが、もうれつなスピードでうごまわっています。原子げんしのこの運動うんどうが、あつかんじる理由りゆうなのです。
温度おんどというのは、ものつくっている原子げんしというものが、どれくらいのスピードでうごいているかということでまります。つまり、みずのようにつめたいものはあまり原子げんしうごいておらず、一方いっぽう、おのようにあついものは、原子げんしがいきおいよくうごきまわっているのです。
というのは、この原子げんしうごきが非常ひじょうにはげしいためにあついということがいえます。