質問と答

ったリンゴを塩水えんすいにつけるとどうしていろがかわらないの

かわをむいたリンゴを、そのままいておくと、すぐ茶色ちゃいろっぽく変色へんしょくしてしまいます。これは、リンゴのなかに、空気くうきちゅう酸素さんそ(さんそ)とむすびついていろ変化へんかさせる酵素こうそ(こうそ)というものがふくまれているからです。したがって、いろわらないようにするためには、むいたリンゴの表面ひょうめん酸素さんそにふれないようにすればいいわけです。そのためのひとつとして、リンゴを塩水えんすいにつけるという方法ほうほうがあるのです。
一度いちど塩水えんすいにつけると、リンゴの表面ひょうめん塩水えんすいのまくができます。すると、リンゴのなかにふくまれている酵素こうそが、空気くうきちゅう酸素さんそむすびつきにくくなります。そのため、いろわりにくくなるのです。

質問を送ろう!
「科学なぜなぜ110番」では、科学についての質問(しつもん)をぼしゅうしています。科学に関係することで、知りたいことやわからないことがあるときは、質問を送ってください。
数の多い質問から、このページでお答えしていく予定です。

質問を送るには、学研キッズネット会員になる必要があります。会員になったら『キッズネット調べ隊』の『科学質問箱』から送ってね。
きみの質問が取り上げられるか、楽しみに待っていてね!

学研キッズネット会員(無料)になる キッズネット調べ隊