<PR>

質問と答

どうして正月しょうがつにはお年玉としだまをもらえるの

年玉としだま歴史れきしふるく、これにはむかしからつたえられている特別とくべつ意味いみがあるのです。
むかし、ほとんどの日本人にほんじん神様かみさましんじていました。そして、1ねん最初さいしょであるお正月しょうがつには、それぞれのいえ神様かみさまがやってくるとおもっていたのです。お正月しょうがつに、かざりつけをしたりおそなえをしたりするのは、すべてこの神様かみさまのためだったのです。正月しょうがついえにやってきた神様かみさまは、おそなえをしてくれたおかえしとして、そのいえひとたちに「あたらしいたましい(たましい)」をあたえます。神様かみさまからもらったあたらしいたましい。このあたらしいたましいのおかげで、人々ひとびとはまた1年間ねんかん健康けんこうきていくことができるとかんがえていたのです。
このようなことをむかしひと本当ほんとうしんじていました。そして、お年玉としだまというのは、神様かみさまからもらったあたらしいたましいのことだったのです。
つまり、むかしはお年玉としだまとは神様かみさまからもらうもので、えないものだったわけです。
それが現在げんざいのようにおかねにかわってしまい、しかも子供こどもしかもらえないものになったのにも理由りゆうがあります。
むかし神様かみさまからお年玉としだまをもらえるのは、いえ代表だいひょうひとだけでした。つまり、ほとんどはおとうさんであったのです。そこで、おとうさんは神様かみさまからもらったえないお年玉としだまを、おかね記念品きねんひんのようなえるかたちにして、子供こどもたちにわけてあげたわけです。
これが現在げんざいのお年玉としだまのはじまりなのです。