質問と答

どうしてクリスマスにはクリスマスツリーをかざるの

クリスマスツリーには、いくつかのせつがあるようです。ここでは、そのなかのひとつをしょうかいしましょう。クリスマスツリーは400ねんほどまえにドイツではじまったというせつです。
やく400ねんまえのドイツには、お正月しょうがつなどのおいわいのに、いえのまどやてんじょうにのえだをかざる習慣しゅうかん(しゅうかん)がありました。さらに、そののえだにおかしやかりをぶらげるという習慣しゅうかんもあったようです。
この場合ばあいをかざりつけるというのは、もともとお正月しょうがついわうかざりつけでした。しかしクリスマスは12がつ25にちで、お正月しょうがつまで1週間しゅうかんしかないわけです。それで、いつのまにか、クリスマスのかざりつけとお正月しょうがつのかざりつけがいっしょになってしまったらしいといわれています。
こんな理由りゆうから、いまから400ねんほどまえに、ドイツでクリスマスツリーをかざるという習慣しゅうかんができたのです。この習慣しゅうかんはその、ドイツの国王こくおうがやるようになったために、しだいにまねをされるようになり、いつのまにか世界中せかいじゅうにまでひろまったといわれているのです。
クリスマスツリーにも、このようになが歴史れきしがあります。一度いちどクリスマスについて調しらべてみると、ほかにもいろいろとおもしろいことがわかるかもしれませんよ。

<PR>