メニュー閉じる

酸性雨がふると、どんなことが起こりますか?

酸性雨がふると、どんなことが起こりますか?

酸性雨が降ると土が酸性になり、土の中のカルシウムやマグネシウムがとけだす。そしてつぎにアルミニウムがとけだしてくる。このアルミニウムが植物の根をいためてしまい、木は栄養分をすいあげることができなくなり、最後には枯れてしまう。

このように酸性雨は植物や森林を枯らしていく。ドイツのシュバルツバルトという森では、酸性雨によってたくさんの木が立ち枯れしてしまった。

また、森林や山にふった酸性雨は湖に流れこむ。そのため北ヨーロッパでは水が強い酸性になり、魚が死んでしまった湖がたくさんある。

酸性雨にあたると銅像や建物の屋根などはさびてくる。コンクリートもとけて痛みがはやくなる。アテネのパルテノン神殿やドイツのケルン大聖堂など歴史的な建造物も酸性雨の被害を受けているんだ。

PAGETOP