メニュー閉じる

フロンって、何ですか?

フロンって、何ですか?

フロンは1928年に人間がつくりだした化学物質。フロンガスともよばれている。燃えにくい、分解しにくい、人の体に害がないなど、すぐれた性質をもっているため、わたしたちの身近な製品にいろいろと使われてきた。

スプレー類や、冷ぞう庫やエアコンの冷たい空気を作ったり、またICなどの精密部品を洗ったりと、さまざまな分野で広く大量に用いられてきた。

ところが、このフロンがオゾン層をこわしているという発表があったんだ。オゾン層は地上から15〜35kmのあたりで太陽が放つ有害な紫外線をさえぎっている。オゾン層がバリアとなってさえぎることで、地球上の生き物は守られてきたんだ。けれど、人間が使い終わったフロンは空気中にずっと残ったまま、10〜20年ほどかけて上空に上っていき、そのオゾン層をこわしてしまうんだ。すでに南極の上空のオゾン層はフロンによってうすくなっている(オゾンホール)。

便利で使いやすいフロンだけれど、このまま使いつづけることは、こわい紫外線をどんどんと地球に呼びこむことになるので、代わりになるものを世界中で開発しているんだ。

PAGETOP