メニュー閉じる

オゾン層って、何ですか?

オゾン層って、何ですか?

地上から上空15~35kmくらいのところに、オゾンという気体がたくさん集まった大気の層があり、これを「オゾン層」という。

オゾン層は、太陽からやってくる有害な紫外線を吸収している。有害な紫外線は、肌や目に悪い影響をあたえ、浴び続けるとガンになる場合もある。だからオゾン層は、紫外線の害からわたしたち地上に生きる生物をバリアのように守ってくれている、とても大切なものなんだ。

ところが今、オゾン層がうすくなっていることが問題になっている。原因は人間が便利に使っているフロンという化学物質。オゾン層がうすくなると、有害な紫外線が吸収されないまま地上にとどき、生き物にたくさんの影響をあたえてしまうんだ。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP