メニュー閉じる

今でも、フロンは使われているのですか?

今でも、フロンは使われているのですか?

1987年、オゾン層を破壊する物質を規制する「モントリオール議定書」という国際的な取り決めができた。

この取り決めによって、アメリカやヨーロッパ、日本などの先進国では1995年いっぱいで、特定フロンであるCFC(クロロ・フルオロ・カーボン)の製造をやめたんだ。今はオゾン層への影響が小さいHCFC(ハイドロ・クロロ・フルオロ・カーボン)やHFC(ハイドロ・フルオロ・カーボン)などが代替フロンとして、使われている。

ただ、影響が小さいとはいえ代替フロンもやはりオゾン層をこわすことにはかわりがなく、今使っているHCFCも2020年までに製造を取りやめることが決まっていて、代替フロンはHFCだけになる。

先進国以外の国々では、新しい設備を作るのにたくさんのお金がかかるため、フロンの規制がおくれている。また、先進国でも取り決めができる前に製造されたエアコンや冷蔵庫にはフロンが使われている。空気中に出たフロンは10~20年かけてオゾン層にとどくため、今すぐすべてのフロンを使わなくなったとしても効果が出るのはずっと先のことなんだ。また、代替フロンのHFCは、オゾン層の破壊力は小さいけれど、地球温暖化を進める温室効果が高いことが問題になっているんだ。

PAGETOP