メニュー閉じる

代替フロンとは何ですか? どんな種類があるのですか?

代替フロンとは何ですか? どんな種類があるのですか?

冷蔵庫やエアコン、スプレーなどに使われ、人間の生活にとても役立ってきたフロンだけれど、オゾン層をこわすことがわかり、代わりに代替フロンが開発された。「代替」とは、ほかのもので代用するという意味。

フロンは正式には「フルオロカーボン」といい、CFC(クロロ・フルオロ・カーボン)、HCFC(ハイドロ・クロロ・フルオロ・カーボン)、HFC(ハイドロ・フルオロ・カーボン)といった種類がある。1987年に定められた、オゾン層を破壊する物質を規制する「モントリオール議定書」にそって、まず1995年にCFCフロンの使用・製造をやめた。そして2020年までに代替フロンのひとつ、HCFCフロンの使用・製造をやめることも決まっている。これからはオゾン層を破壊しにくいHFCフロンが主に使われていくのだけれど、HFCフロンは二酸化炭素の百倍?数万倍ともいわれる温室効果があるんだ。HFCフロンはオゾン層への影響は小さいが、一方では温室効果を上げている。そのため、今はさらにHFCフロンに代わるものの開発が進められている。

PAGETOP