メニュー閉じる

酸性雨って、どんな雨のことですか?

酸性雨って、どんな雨のことですか?

酸性雨はふつうの雨よりも酸性度が高い雨のこと。

工場の煙突や自動車などから出るSOx(イオウ酸化物)やNOx(ちっ素酸化物)が、上空で化学変化を起こし酸性の物質になり、それが雨雲にとけこむことで酸性雨になるんだ。

酸性の強さをあらわす単位としては、pHが使われている。pHの数字が小さくなるほど酸性が強く、pH7が中性。自然の雨には二酸化炭素などがとけこんでいるので、もともと弱い酸性だが、このpHが5.6以下を示す雨のことを、一般的に「酸性雨」と呼んでいるよ。

酸性雨は農作物や森林を枯らしたり、池や湖の魚やその他の生物を殺してしまう。エジプトのピラミッドなどの建造物をも崩してしまうなど、世界的な環境問題になっているんだ。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP