メニュー閉じる

地球温暖化って、どういうことですか?

地球温暖化って、どういうことですか?

地球は平均気温15℃の温暖な星だ。ところが、このところ地球の平均気温が上がってきていることがわかった。これを「地球温暖化」という。

地球の平均気温は200年前に比べると0.6℃上がったといわれている。小さな数字のように感じるだろうけど、短い期間でこれだけ上がることは今までになく、これにより地球全体に大きな影響がおよび、さまざまな問題が起こる。それが「地球温暖化問題」で、今もっとも大きな環境問題として世界中で対策がねられているんだ。

地球温暖化は、空気中の二酸化炭素(CO2)が増えたために起こったといわれている。交通機関が発達し、電気製品が使われるようになった19世紀末ごろから、人間は便利で快適な生活のために石炭や石油をたくさん使うようになった。石炭や石油を燃やすと大量の二酸化炭素が出る。二酸化炭素には、地上から出る熱を大気中に保つはたらき(温室効果)があるが、増えすぎると、熱をためこんで地球の平均気温を上げてしまうんだ。

地球温暖化をもたらす気体には、二酸化炭素のほかに、メタン、フロンなどがあり、これらを「温室効果ガス」という。

PAGETOP