メニュー閉じる

海面が上昇すると、しずんでしまう島があるって本当?

海面が上昇すると、しずんでしまう島があるって本当?

こたえ:海抜の低い島国などでは、浸水したり水没したりする場所もあるかもしれません。

国際連合の組織「気候変動に関する政府間パネル」(Intergovernmental Panel on Climate ChangeIPCC)は、2014年に公表した「第5次報告書」で「21世紀の間、世界の平均海面水位は上昇を続けるだろう」と予想しています1※1。その原因の1つとみられるのが、地球の温暖化。温暖化によってグリーンランドなど陸上の氷河・氷床が溶けて海に流れ込み、海水の量が増えることや、水温が高くなって海水の体積が膨張することが主な原因となって、海面水位が高くなると考えられています2

では、温暖化によってどのくらい海面水位は高くなるのでしょうか。IPCCの報告書には、最も温暖化が進んだ場合は4582cm、最も温暖化を抑えた場合でも2655cm、世界の平均海面水位は上昇するというシミュレーション結果が書かれています※2。日本の場合は、東京湾や伊勢湾、大阪湾では23m高潮に備えて堤防を整備しているため、海面上昇で水没するおそれは少ないでしょう。

けれども世界を見わたすと、海抜が低く、「海面上昇の影響で浸水・水没するかもしれない」といわれている国がいくつもあります。たとえばインド洋にある島国のモルディブは、海抜の平均が1.5mで、最高でも2.4m3。ベンガル湾に面したバングラデシュは、国土のおよそ半分が海抜67m以下です4。南太平洋のツバルは、海抜が最高でも5m未満ですし5、西ヨーロッパのオランダも、国土の1/4が海面より低い土地です6

IPCCの第5次報告書は、人間の影響が20世紀半ば以降の地球の温暖化の主な原因になった可能性が「極めて高い」としています。わたしたちが行動を変えれば、地球の温暖化や、それによる海面上昇もおさえられる可能性があるのです。

※1 IPCCは、世界気象機関(WMO)と国連環境計画(UNEP)が1988年に設立した組織。世界195カ国の政府から推薦された科学者が参加して、地球の温暖化に関する論文などを元に評価を行い、報告書をまとめています。

※2 19862005年の平均水位を基準にしたときの、20812100年の上昇予測。

浸水や水没の原因は、海面上昇だけではありません7。ツバルの場合は、第二次世界大戦中、アメリカ軍の飛行場建設のために土砂をほりおこしたことや、首都に人口が集中し、以前は住んでいなかった低い土地にも人が住むようになったことも、浸水の原因と言われています。また、ツバルの海岸は「星の砂」とよばれる有孔虫の死がいでできていますが、生活排水によって水質が悪化し、有孔虫が減っていることが関係している、という意見もあります。

記事公開:2022年3月

参考資料

1)環境省「IPCC5次評価報告書の概要1作業部会(自然科学的根拠)」.201412月:https://www.env.go.jp/earth/ipcc/5th/pdf/ar5_wg1_overview_presentation.pdf

2)国立環境研究所 地球環境研究センター『ココが知りたい地球温暖化 Q3「海面上昇とゼロメートル地帯」』:https://www.cger.nies.go.jp/ja/library/qa/7/7-1/qa_7-1-j.html

3)外務省「わかる! 国際情勢 Vol.156 モルディブという国ー日・モルディブ外交関係樹立50周年」:https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/wakaru/topics/vol156/index.html

4)国土交通省国土政策局「各国の国土政策の概要 バングラデシュ」:https://www.mlit.go.jp/kokudokeikaku/international/spw/general/bangladesh/index.html

5)外務省『ツバルに対する電力の安定供給等のための燃油の供与(無償資金協力「経済社会開発計画」)』.2018523日:https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_006043.html

6)国土交通省国土政策局「各国の国土政策の概要 オランダ」:https://www.mlit.go.jp/kokudokeikaku/international/spw/general/netherlands/index.html

7)外務省「わかる! 国際情勢 Vol.27 水没が懸念される国々~ツバルを通してみる太平洋島嶼国」:https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/wakaru/topics/vol27/index.html

監修者:大山光晴

1957年東京都生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。高等学校の物理教諭、千葉県教育委員会指導主事、千葉県立長生高等学校校長等を経て、現在、秀明大学学校教師学部教授として「理数探究」や「総合的な学習の時間」の指導方法について講義・演習を担当している。科学実験教室やテレビの実験番組等への出演も多数。千葉市科学館プロジェクト・アドバイザー、日本物理教育学会常務理事、日本科学教育学会及び日本理科教育学会会員、月刊『理科の教育』編集委員等も務める。

PAGETOP