メニュー閉じる

海面が上昇すると、しずんでしまう島があるって本当ですか?

海面が上昇すると、しずんでしまう島があるって本当ですか?

地球温暖化が今のまま進むと、2050年までに海水面が約20cm上昇し、さらに21世紀末には約9~88cmの海面上昇が起こるといった予想がたてられている。

南太平洋に浮かぶキリバス、バヌアツ、マーシャル諸島、ツバル、パプアニューギニアなどの海抜の低い島では、海面が上昇することによって国土の大部分が水没すると心配されている。平均海抜が1m未満のツバルではもう水没してしまった島もあるんだ。キリバスでは古くから利用しているレンズウォーターと呼ばれる井戸水が海水化しため、飲料水・生活用水として使用できなくなるという問題も起こっている。

こうした島の人びとには近くの国への移住が進められている。しかし小さな島でも、ひとつの国。そこに住む人たちにとってはかけがえのない母国だ。また、これらの国は開発途上国であるため、二酸化炭素の排出量はとても少ない。先進国などが引き起こす温暖化によって、ひとつの国を消滅させてしまうことになるんだ。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP