紫外線には有害なものと無害なものがあるのですか?

紫外線には有害なものと無害なものがあるのですか?

紫外線は人間の目には見えない太陽光線の一種。太陽にあたって肌が日焼けするのは、この紫外線のためだよ。

紫外線にはA、B、Cと3種類あり、このうちの日焼けを起こす紫外線Aは無害だがB、Cは有害。だが、波長の短い紫外線Cはほとんど地球にとどかない。問題は有害な紫外線Bだ。紫外線Bを強くあびると、ひふガンを起こしたり、目の水晶体がにごって白内障という病気を起こしたりするんだ。これまでは地上20~25kmの上空にある、オゾン層が吸収していてくれたのだけど、そのオゾン層が少しずつ破壊されているため、地上に降り注ぐ紫外線Bの量が増えていることが問題になっている。

オゾン層が破壊されるのは人間が使ったフロンという化学物質が原因なんだ。このままオゾン層の破壊が続くと、地上に降り注ぐ恐ろしい紫外線Bの量がどんどん増えてしまう。南米上空ではオゾン層がとてもうすくなり、紫外線Bによって牧場のヒツジたち100頭が目が見えなくなったといわれている。

PAGETOP