温室効果とは何ですか?

温室効果とは何ですか?

空気は、およそ5分の4がちっ素、5分の1が酸素で、このほかにもいろいろな気体が少しずつふくまれている。このうち、水蒸気、二酸化炭素、メタンなどは、地上から出る熱を大気中に保つはたらきがある。

このはたらきのことを温室効果といい、その気体を温室効果ガスという。

地球は、温室効果ガスによるほどよい温室効果のおかげで、生き物にとってすみやすい環境が保たれている。けれども、温室効果ガスが増えすぎると、地球全体の気温が上がりすぎてしまう。そして今、実際に気温が上がっているんだ。このことを「地球温暖化」といい、大きな環境問題になっている。

200年くらい前から、人間は石炭や石油をたくさん使うようになった。そのため、石炭や石油が燃えてできる二酸化炭素が急激にふえてきている。メタンやフロンなどもふえている。これらはすべて温室効果ガスだ。地球全体の気温が上がると、氷がとけて海の水がふえる。そうすると、海に面した低い土地は水をかぶってしまったり、絶滅する生き物が出てくるなどたくさんの問題が起きてくる。

PAGETOP