なぜ、二酸化炭素のことをCO2というの?

なぜ、二酸化炭素のことをCO2というの?

CO2は二酸化炭素を「化学式」で表したものだ。化学式とは、その物質が何によってできているかをアルファベットや数字で表したもの。

CO2の場合、2つのO(酸素)とひとつのC(炭素)が結びついてできているということを示している。COはひとつのO(酸素)とひとつのC(炭素)が結びついたもので一酸化炭素を表している。また、水を化学式であらわすとH2Oとなる。ふたつのH(水素)とひとつのO(酸素)が結びついてできているんだ。

OやCというのは元素記号のこと。元素記号も化学式もくわしくは中学校で習うよ。

PAGETOP