メニュー閉じる

木1本からどのくらいの紙が作れるのですか?

木1本からどのくらいの紙が作れるのですか?

まっすぐに立っているりっぱな木を、そのままそっくり紙の原料として使うわけではない。紙の原料は、柱などに使う木材をとったあとの製材くずや、曲がった木、細い木などが中心になっている。

これらをチップという細かい木ぎれにして、これからパルプを作る。そして、パルプから紙を作るんだ。

だいたい3.4立方メートルのチップから、1トンの紙ができる。3.4立方メートルというと、1リットルの牛乳パックに3400ぱい分。1トンの紙というと重さ1kgの本1000冊分になる。図鑑1000冊と思ってもらえばいいかな。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP