干ばつって、何ですか?

干ばつって、何ですか?

干ばつとは、長い間雨がふらなかったり、雨が少なかったりすることによって起こる、水不足の状況、つまり日照りのこと。農作物の被害が出たり山火事を引き起こすこともある。また長引くと砂漠化も進んでしまう。

アフリカでは、1970年ごろから、たびたびひどい干ばつが起こっている。そのため、農作物ができなくなり、うえ死にする人がたくさん出ているんだ。また、小麦など穀物の輸出大国だったオーストラリアは深刻な干ばつによって輸出ができない状態になっている。ほかにもヨーロッパやアジアなどでたびたび干ばつが起こっているんだ。また多くの都市では、雨が少ないと水道の水が足りなくなって、不便な生活をしなければならなくなる。

PAGETOP