エル・ニーニョ現象って、何ですか?

エル・ニーニョ現象って、何ですか?

南アメリカの赤道のやや南に、太平洋に面したペルーという国がある。この国の沖合いの海は、赤道に近いのにいつもは海面の温度が低めなんだ。ところが何年かに一度、海面の温度が高くなることがある。

これを「エル・ニーニョ現象」という。

エル・ニーニョ現象は、ペルー沖からさらに西へ、何千キロもひろがることがある。そんなときは地球全体の空気の流れが変わってしまうので、世界各地に異常気象が起こるといわれている。日本では長梅雨、冷夏、暖冬になる場合が多く、農作物に影響が出たりする。エル・ニーニョ現象が起こる原因はまだはっきりとはわかっていないんだ。

エル・ニーニョとは、スペイン語で「神の子」という意味。クリスマスのころによく起こったので、こういう名前でよばれるようになったんだ。

PAGETOP