地球はいつ滅びますか? 人類はいつ絶滅しますか?

地球はいつ滅びますか? 人類はいつ絶滅しますか?

これまで多くの科学者や研究者によって地球の寿命が考えられてきたけれど、もっともいわれているのが、50億年後に太陽が膨張して爆発するため、そのときに地球もいっしょになくなるということ。

ただ10億年後には、太陽の膨張につれて地球の温度が上昇するため、生物がすめる環境ではなくなるといわれている。
これは今の段階では人間にはどうすることもできない。

でも今、もっと近い将来、50年後や100年後に地球がどうなっているかが心配されている。人間の活動による地球温暖化問題だ。

きみが考える地球とは、水や酸素があり、生物がくらす今の姿だよね。
しかし、今から46億年前に地球ができたときには水がなかったし生物も当然いない。恐竜がわがもの顔で生きていた時代もあれば、全体が氷におおわれた氷河期という時代もあった。つまり地球は姿を変えながら存在してきたんだ。

そう考えると、このまま温暖化が進めば、地球は水や生物のある今のような姿ではなくなってしまうこともあるかもしれないね。

これまで地球上ではさまざまな生物が誕生してきた。あるものは絶滅し、あるものは進化を続けて今も残る。人類も同じだ。人間が生きるためには水や酸素、太陽の光、ほかの生物など、さまざまな自然の条件が必要だ。でもそうした自然のシステムを人間は自分たちの手で少しずつこわし続けてきた。地球温暖化もそのひとつ。

人間が生きて行くための自然のシステムがなくなれば、わたしたちはほろびるしかなくなる。だからこそ、そうならないために、人間の特徴でもある知恵を使って、地球を守るために今みんなで取り組んでいるんだ。

PAGETOP