メニュー閉じる

ジュースなどのアルミ缶をリサイクルすると、どんないいことがあるのですか?

ジュースなどのアルミ缶をリサイクルすると、どんないいことがあるのですか?

ジュースなどのアルミ缶は、アルミニウムという金属でできている。アルミニウムは、日本ではとれない「ボーキサイト」という鉱石が原料。

このボーキサイトをアルミナというものにして、それからアルミニウムができる。このときに、たくさんの電気が必要なんだ。リサイクルされたアルミ缶は、ゴミなどを取りのぞいて溶かしてやるだけで、新しいアルミニウムに生まれ変わる。このやり方だと、ボーキサイトから作るときにくらべて、エネルギーはおよそ35分の1ですむんだ。もちろん、原料のボーキサイトも節約できる。そして、発電に使う石油や石炭を燃やさなくてすむので、温暖化をひきおこす二酸化炭素も減らすことができる。

スチール缶をリサイクルしたときも、エネルギーはおよそ4分の1ですむ。紙やガラスびんもリサイクルすると、たくさんのエネルギーを節約することができるんだ。

PAGETOP