ペットボトルはどうしてリサイクルがさかんなのですか?

ペットボトルはどうしてリサイクルがさかんなのですか?

ペットボトルはジュースやお茶などの飲み物だけでなく、調味料など、いろいろなもに使われている容器。軽くて持ちやすく、ふたの開け閉めもかんたんなことから、ここ十数年でとても増えたんだ。

ペットボトルはプラスチックの一種。飲み終わると空の容器はゴミになるわけだが、燃やすとダイオキシンなどを出すため、ほとんどは「燃えないゴミ」として埋め立てられる。それで量の多いペットボトルはリサイクル対象になり、回収をすすめるようになった。日本の回収率はとても高く、2006年には販売されたペットボトルの66%を回収し、リサイクルに回したんだ。

回収されたペットボトルはきれいに洗ってこまかくされ「PETフレーク」という粉になる。それを化学分解したものを原料にして、繊維製品や食べ物のパックなどを作るんだ。最近はさらに新しいペットボトルを作る「ボトルtoボトル」も進められている。ただ、ペットボトルのリサイクルには費用がとてもかかってしまうことが問題となっている。

PAGETOP