墨田区でプラスチックを燃えるゴミにしたのはなぜですか?

墨田区でプラスチックを燃えるゴミにしたのはなぜですか?

2008年の4月から墨田区をふくめた東京23区では、プラスチックを可燃ゴミ(燃えるゴミ)として回収している。

それまで、プラスチックは燃やすとダイオキシンなどの有害物質を発生するため、不燃ゴミ(燃えないゴミ)として分別し、最終処分場へ埋め立てていた。だがこのまま埋め立てを続けていくと、近いうちに最終処分場が満杯になってしまうことが心配される。また最終処分場は、ゴミから出た有害物質でまわりの土や海がよごれたり、近くに住む人たちの環境を汚してしまうので、これ以上増やすこともむずかしい。

一方、ゴミを燃やす焼却炉の性能がよくなり、プラスチックを燃やしても有害物質がほとんど出なくなったため、23区ではプラスチックをうめ立てるのではなく、燃えるゴミとして回収することにした。

また、プラスチックを燃やすときに生まれるエネルギーを使って発電をしたり、温水プールに利用するなど、エネルギーの効率的な再利用も行っているんだ。

こうしたことから埋め立てるより、燃やした方が環境にいいと判断されたんだ。

PAGETOP