リサイクルを行っているところが多々ありますが、リサイクルをして困ることはないのでしょうか?

リサイクルを行っているところが多々ありますが、リサイクルをして困ることはないのでしょうか?

"ペットボトルやアルミ缶・スチール缶などは、リサイクルするために分別ゴミにしているところが多い。
リサイクルとは、使い終わった容器などを原材料にもどして、もう一度加工して利用すること。"

ゴミを増やさないために考えられたリサイクルだけれど、問題もあるんだ。

資源を回収、分別するには手間とお金がかかる。また、集めたものをもう一度原材料までもどすには機械の力を使わなければならない。当然費用もかかるし、加工にはたくさんのエネルギーも必要だ。
そのため、リサイクル製品はどうしても値段が高くなってしまうことがある。

こうしたことから最近は、リサイクルではなく、リデュースやリユースを優先しようとしている。
リデュース(Reduce)は、使い捨ての商品や派手に包装された商品などゴミになりそうなものを買わないこと。また、詰め替え製品を使ったり、買い物にはエコバッグを使うなど、資源を節約すること。
リユース(Reuse)とは、くり返し使えるビンやカンを回収してもう一度使ったり、修理して使えるものがあれば修理するなど、再使用すること。

リデュースとリユース、リサイクルをあわせて3R(スリーアール)というよ。

PAGETOP