メニュー閉じる

ゴミは、どうして分けて出さなければいけないのですか?

ゴミは、どうして分けて出さなければいけないのですか?

家庭から出るゴミは、「燃えるゴミ」と「燃えないゴミ」と「資源ゴミ」などに分けて処分される。

台所から出る生ゴミや紙類は燃やされた後、燃えかすはゴミ処分場にうめられる。プラスチックや金属などの燃えないゴミは、そのままうめられる。空き缶や空きびん、ペットボトル、古新聞など資源ゴミは、再利用したり、リサイクルにまわされたりする。

いろいろなゴミが混ざったまま出されたら、処分する人たちが分けなければならないね。でも、ゴミの量が多すぎてそんなことはとてもじゃないができない。また、プラスチックの中には、燃えるとダイオキシンなど有害なガスを出すものがあるから、プラスチックが燃えるゴミに混じっていると困る。そんなわけで、ゴミは分けて出さなければいけないんだ。

PAGETOP