メニュー閉じる

世界には食べ物がなくて、うえている人がたくさんいるって本当ですか?

世界には食べ物がなくて、うえている人がたくさんいるって本当ですか?

世界の人口のおよそ80%は、アフリカや南米、東南アジアなど開発途上国とよばれる貧しい国に住んでいる。

開発途上国は農作物が育ちにくい土地が多いうえに、干ばつや洪水などによって穀物のとれ高が少なくなっている。そのため、食べ物が足りず栄養不足になり、毎年何百万人の人たちがうえ死にしているんだ。一方で人口ははげしい勢いで増えており、ますます食べ物が足らなくなっている。ふえる人口に対して、常に穀物が足りない状態なんだ。

先進国から穀物を輸入するにも、お金がなくてできない国もたくさんある。かたやヨーロッパ、北アメリカ、日本など、先進国とよばれている経済的に豊かな国では、食べすぎや太りすぎの人が問題になっている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP